はごろも〜着物スタイル・和の暮らし

袋帯での二重太鼓の結び方

二重太鼓も前結びなら一人で簡単に、しかもきれいに結べます、ここでは二重太鼓の前結びの方法を紹介します。

 

二重太鼓の結び方

手先より帯幅2つ分(約62cm)+8cm=70pの輪のところにピンチを留めます。

帯をたれ先より屏風たたみにします。帯枕に帯揚をかけておき、帯締め、仮紐、ピンチも準備しておきます。前板を付けます。

手先は左手・たれは右手で輪を下から抱え持つ。1のピンチを中心に合わせ前板に挟み右手で帯の下線を持ち前方へしっかり引きます。

 

手先を右肩に預け胴に一巻きし、1枚めくり三角の所に右の人差し指を入れ右方向へ左手は帯の下線を持ち左方向へ引き締めます。

もう一巻きして4同様しっかり締めます。帯の2枚分だけにピンチを留めなおします。

手先を中心まで抜き輪が体の中心にくるようにして折り下げて、右後ろに預けピンチで留めておきます。

 

たれ先を斜めに追った位置に帯枕を山の上を手前になるように置きます。

帯枕にたれをかぶせ両脇をそろえます。太鼓の柄を見ながらたれ先よりたれは5cm以上長くします。

胸のふくらみの上に帯枕を乗せて、後ろで帯揚げと帯枕の紐を一緒に仮結びします。

 

9を横から見た状態。帯山のしわは伸ばしておきます。

帯枕の下をきれいにします。帯が長い場合は、三角に折り先を帯枕の下に入れ込みます。

帯山から手幅2つ目安に内側に仮紐をあてる。一度体から離すように持ち上げ、帯の下線より上にお太鼓をつくり仮紐を前で結びます。

 

たれの長さは人差し指の長さに決め、仮紐の通っている所に手先を入れ、手先の端は左右共2cm出す。右手で余りを内側に折り返します。

帯締めは手先の幅の中心を通り後ろで一結びしてからげ仮留めしておきます。

仮紐をはずしお太鼓を左から右にまわす。帯締めをしっかりしめて帯枕の紐を結び、帯揚げを結びます。

 

後ろに回したお太鼓。