はごろも〜着物スタイル・和の暮らし

半衿の付け方

直接肌に触れる長襦袢の衿に、汚れたら付け替えができるように考えられたのが半衿です。付け替えるのが前提なので、面倒でも、お裁縫が苦手でも自分でやらなくてはなりません。 両面テープや安全ピンを使う裏技もありますが、ここでは襟足がきれいに仕上がり、くけ縫いなどせずに、ざくざく縫う方法を紹介します。

 

バチ衿長襦袢に挿し込む衿芯を使用の場合

長襦袢の衿を手前に持って来ます。半衿の両端は1センチ内側に折り細かく縫います。

長襦袢内側の衿の身頃側1センチの所に半衿を中表の置き、長襦袢の背中の縫い目(背中心)と半衿の中央を合わせます。

背中心から左右衿先にむかって半衿をつり気味に引っ張り、背中心、衿肩あき、左右の数箇所に待ち針で留めます。

 

胸の中心から真横に伸ばした手先までの長さのしつけ糸を用意して、右端から半衿を衿先につり気味に引っ張り、「なみ縫い」します。

長い直線を縫う時は「くけ台」を使うとたるみを防ぎ、仕事が早いです。

「L字型のくけ台」くけ台にかけ針をつけて布端を挟み、縫う手元で布を引っ張りながら縫い進みます。

 

くけ台がない場合は、自分の膝を使い縫い進めた布端を膝下に挟みこみます。

自分の体の重みをくけ台代わりとして、布を引っ張りながら縫い進めます。

背中心から両衿肩あきまでは、1センチの針目で細かく縫います。

 

内側の半衿が縫えました!

長襦袢を表に返し、衿幅にあわせて半衿を折り返します。

背中心、肩山、左右の数箇所に待ち針で留めます。

 

背中心から肩山までは1センチ、あとは3〜4センチの縫い目でざっくり縫います。

外側より内側が引っ張り加減で縫えていればOKです。

着る時に挿し込む芯は弧の長い方を上にして衿の内側に入れます。

 

挿しこみ式衿芯の硬さは色々。二枚組衿芯は用途にわけて一枚の時と二枚の時とで硬さを使い分けします。例えば、留袖などのフォーマルはしっかりと硬めのものを使い 紬などのおしゃれ着はやわらかめで…という具合です。

 

半衿は汚れたら外すものなので、ポイント以外はざっくりと縫いましょう!