はごろも〜着物スタイル・和の暮らし

長襦袢の着方

長襦袢の衣紋の決め方で、着物の衿加減が決まります。ひいては、着物姿全体の印象にまで影響します。よい姿勢で着付けましょう。

 

長襦袢の着方

背縫いが背中の中心になるように袖口を持ち左右に腕を伸ばします。

左右の衿元を合わせて片手でつかみ持ち、もう一方の手で後ろの背縫いを引き衣紋を抜きます。

衣紋の抜き加減はフォーマルはこぶし1つ分が目安、カジュアルは少し控えめに。

 

アンダーバストくらいの位置で上前、下前の端を持って裾合わせ調節する。

右手で上前を持ち身八つ口から左手を入れて下前を引き、裾合わせを決めます。ずれないように押さえつつひもをとります。ひもは姿勢をくずさず取れる所に置いておきましょう。

右手で胸にかける紐の中心を持ち上前の衿を押えます。左手で紐を胸に当てながら後ろへ進みます。

 

後ろの衣紋抜きの輪に紐を通し、交差させ横に引き、下に引き前にまわします。下に引いたときに衣紋が抜きすぎにならないように注意しましょう。

紐の上段はアンダーバストの位置。後ろから回ってきた紐は少し下で紐を2回からげ端をはさみ込みます。

右手で右衿をを押えながら左手で下衿を斜めに引いてたるみをとる。※この時に下を向かず正面を向いて行うこと。

 

左手で左衿を押えながら、右手で衿先を斜めに引く、姿勢は10同様。

後ろのしわをとります。

伊達締めを巻きます。

 

衿元の重なり方をチェック、のどのくぼみから1cm下にくるのが目安

衣紋がこぶし1つ分くらい抜けているか、裾つぼまりのシルエットになっているかを確認します。

衣紋抜きがない場合、紐で代用します。2つ折にした紐の輪の部分から手幅ひとつ分のところを衿に縫い留めます。

 

輪の部分に紐を通し衣紋抜きとします。