はごろも〜着物スタイル・和の暮らし

名古屋帯で一重太鼓の結び方

基本的なお太鼓結びです。ここでは一人で簡単に結べる仮紐を使ってお太鼓結びを紹介します。

 

お太鼓の結び方

ベルト付帯板は伊達締めの上から付けておく。手の長さを左肩からウエストまでとり輪を下にして体を右に回しながら巻きつけます。

帯を一巻きして位置を決め、左手で後ろ帯下の中の手を下に引き、右手でたれを前に引き、締めます。

帯を二巻きして前柄を決めながらもう一度引き締めます。

 

巻いた方の帯を右手で持ったまま、手先を後ろに放り投げ,下ろして左手で押さえます。

右手でたれを帯の上側まで折り上げます。帯の上線で仮紐を当て前で結びます。

手先は前にまわし仮紐に挟んでおきます。

 

柄の出具合をみながら、たれ先より70〜80cmのところで帯幅を広げ帯山を決めそのまま持ち上げます。

左手で帯山をつかみ右手で帯山の中央に帯枕を入れます。

帯枕を入れたら帯枕も左手でつかみ右手の手刀で折込を押さえて帯山を持ち上げます。

 

帯枕を帯の上端にもってゆき、お太鼓の位置を決めて帯枕の紐を前に持っていきます。

帯枕の紐を受け手で持ち脇をしめて上げて下げて前へ引く。背中に帯枕がぴたっとつくのを感じます、そのまま前で片輪結びします。

お太鼓の中を左右に引いて平らにしたら帯枕に帯揚げをかけて前で仮結びをします。

 

たれの内側に仮紐を当て、お太鼓の柄のバランスを見ながら帯の下線くらいを目安にお太鼓の大きさを決め、左右の人差し指で下線を内側に折り仮紐を固定します。

仮紐で固定したお太鼓の下線の中央を片手で押えながら、もう片方でたれを待ち上げて残りのたれ入れ込みます。

人差し指一本分の長さを目安にたれの長さを決め、お太鼓とたれの脇線を真っ直ぐにして仮紐を前にまわし結びます。

 

前にはさんでおいた手を後ろに戻す。右手をお太鼓の仮紐が通ってる中に入れ帯を押さえ、左手で手先を折り返し右手に渡します。

手を渡したら左手でお太鼓を押さえ右手で手の先を2〜3cm引き出します、左の余りは帯の裏側に折り込み端をきれいに整えます。

帯締めは手先の中心よりやや下に当て前で結びます。仮紐をはずし帯揚げをきれいに結びます。