はごろも〜着物スタイル・和の暮らし

足袋の履き方

着物を着るときは、まずはじめに足袋を履きます。後で足袋を履くと着崩れてしまうことがあるからです。

 

履く前にコハゼをはずしておきます。

半分に折り返しておきます。

足袋の先まで履き爪先が余らないように両手で手前にしっかりとあわせます。

 

折り返した部分を戻して全部 履きかかとから足首に向かって足袋を引き上げます。

コハゼは下から順にかけ糸に留めていきます。基本的に外側のかけ糸にかけます。足首をつかんでかかとを少し外側に向けると留めやすくなります。

これで美しく足袋が履けますように!

 

良い姿勢:足袋を履く方の片足を立てて中腰になります。

悪い姿勢:あぐらをかくなど、足を開いて足袋を履くのは美しくありません。

 

成人式などで、はじめて着物を着付けしてもらう時でも、足袋までは履かせてくれません。その場であわてないように、足袋と草履は、一度お家の中で履いてみましょう。