はごろも〜着物スタイル・和の暮らし

下着の付け方(裾よけ、肌襦袢)

裾よけは、足袋の次に体に付けます。
そして肌襦袢をあわせます。

 

裾よけ

両端を揃えて持ち、くるぶしから5〜6cm上に裾線を決めます。下腹部の肉を持ち上げるようにした前の力布を引っ張ります。

下前を引き上げたまま上前も引き上げます。両端をねじり、ひもを後ろで交差させ前で結びます。

余った力布を折り込んで整えます。

悪い例:右腰の端をねじらずにそのままつけると、先が下がり裾さばきが悪い原因に。

 

肌襦袢

胸の豊かな方は、和装ブラジャーをお勧めします。そうでない方は胸元に折った手ぬぐいを入れます。汗取りにもなり着崩れも防ぎます。

下前の衿を引っ張るようにしてバストトップをしっかり包み込みます。

上前も同様にバストを完全に包み込みます。裾合わせは、鎖骨を目安につめすぎないようにします。

両足の衿の抜き方が足りないと長襦袢から見えてしまうのでしっかりと下に引きます。

 

豆知識:ワンピース式のものは手間がかからず便利です。しかし裾よけの力布はガードル代わりになり、上と下が別々になっているとそれぞれの動きに順応するので着心地も楽というメリットもありますので、お好みでお選びください。

ワンピースタイプの肌襦袢