はごろも〜着物スタイル・和の暮らし

浴衣の着方

衿を詰め、着丈は短めにして、きりりと涼しげに装いましょう。

 

浴衣の着方

背縫いが中心になるように袖口を持ち左右に腕を伸ばします。

衿と衿を合わせ中心を決めます。

衿と背ぬいそれぞれ同じ高さで持ち裾線を持ち上げ、着丈をくるぶしに決めます。

 

上前を右脇まで持ってきて裾の高さを保ったまま上前を確認します。

4の位置をずらさないように下前を左脇に持っていきます、余分は折り返し5cmくらい上げます。

上前を重ね、つま先を1〜2cm上げます。右脇の緩みはタックをとり衿と一緒に右手で押さえ腰紐を締めます。

 

両手を身八ツ口から背に入れてトンと下まで落とし、手の平を広げスーと手を引き出すように後ろのおはしょりを整えます。

左の身八ツ口から手を入れ下前を整え右手で上前の衿元を決めます。左右の手を少しずつ下げ衿元、胸元、腰紐の上を整えます。

背縫いと掛け衿をそれぞれ持ち、もう一度背中心をあわせ、衿の抜き加減を決めます。

 

上前のおはしょりが一枚になるように下前の余分なおはしょりは斜めに折り上げます。

衿を合わせ、紐を胸のすぐ下に決め後ろで交差して、4〜5cmの段差がつくように長襦袢のときと同様にからげます。

おはしょりが長い場合は下側の紐の上より引き上げ長さを調節します。おはしょりの線が真っ直ぐになっているか点検します。

 

身八ツ口のところを持ち横に引きます、背縫いを曲げないようにして余分を脇に寄せます。

伊達締めは長襦袢のときと同様に巻きます。